結婚相談所で成婚した40代の方へ!結婚までの流れとチェックポイント

基本的に結婚相談所で知り合い結婚することが決まりますと、両家に挨拶を行い、結婚式の段取り、結婚式、新婚旅行という流れが一般的になってきます。これはどの年代でも行うことでありますが、40代の方は比較的年齢の高い世代ですので、若い方と比べて気をつけておきたい点があります。

連れ子がいる場合

40代の方であれば相手や自分に連れ子がいる場合があります。連れ子がいる場合はその連れ子をどうするのか決めておく必要があります。この場合のどうするのかというのは、籍の話です。戸籍上自分の子供にしようと思いますと、自分が相手の籍に入るか、自分の子供を相手の養子扱いにするのか、相手の子供を自分の養子という扱いにする必要があります。

これは後々遺産なども関係してきますので、決めておく必要があります。しかし、後から養子にすることもできますので、焦らずによく考えておきましょう。分からなければ役所や結婚相談所のアドバイザーに聞くなどをしてしっかりとした手続きを踏むようにしましょう。

両家の挨拶の際の注意点

40代であれば社会的にも常識があるのが一般的であると考えられています。特に60代や70代のご両親は特にそういった見方の傾向があります。そのため、挨拶を行う際は必ずスーツなどに身を包んで行いましょう。その際手土産は必須です。佇まいもできるだけきちんとしているようにしておきましょう。

結婚相談所の中ではそのような相手の両親に挨拶を行う場合にどうしたらいいのかレクチャーしてくれるところもありますので、もしそういったものがあれば遠慮なしにしておくことが大切です。反対になることはほとんどないかと思いますが、20代や30代とは違う見方をされるのは必須ですので、よく考えて挨拶を行うことが大切です。

結婚式についての注意点

40代の方が結婚式を挙げる場合は多くの場合が、少人数で行うことが多いようです。これには様々な理由があると考えられていますが、婚期を逃したのだからあまり大勢の目につかないようにひっそりとしたいといった希望が多いからだと言われています。そのため、もし自分ができるだけ盛大な結婚式を挙げたいと考えている場合は、必ず相手に相談をしておきましょう。相手も盛大に上げたいと思っている場合は特に問題はないですが、相手小規模で行いたいといった場合はできるだけ小規模のところに合わせることが大切です。

新婚旅行についての注意点

成田離婚のように新婚旅行で離婚を決意した、離婚まではいかないがこれから上手くやっていけるのだろうかと不安を抱えたという人も少なくはありません。旅行は相手の様々な部分が見えます。今まで知らなかった相手の部分や、嫌なところもみえるかもしれません。ましてや新婚旅行は1週間ほどになることも多く、そういった部分が見えやすいところでもあります。

そのようにならないように結婚を決意する前には必ずどこかに旅行をいくことをお勧めします。そこでどうしても気になる部分があるのであれば、相手に伝えるか、我慢をするか決めておきましょう。結婚してからそのような気持ちになるのと、結婚をする前にそのような気持ちになるのとでは随分違いますので、事前にそのようなことを知っておく必要があります。

結婚相談所にはアドバイザーがいます。

結婚についてのことが不安であれば結婚相談所にはアドバイザーがいます。悪質なところは結婚後のことはフォローできないといってくるところもありますが、基本的に結婚相談所では結婚後のフォローもきちんとしてくれます。結婚式の段取りはもちろんですが、結婚式場を併設しているところもありますので、そのようなところであればアドバイザーが引き続き結婚式の段取りをしてくれます。割引きもきくところが多いようですね。

また、両家の挨拶の仕方や、お勧めの手土産を教えてくれたりします。私がいっていた結婚相談所のアドバイザーは新婚旅行の段取りもしてくれました。40代の方は若い世代に比べて結婚をすることに対して様々な行わないといけないことがあります。その時に助けてくれるのがアドバイザーです。分からないことはできるだけ聞くようにしてスムーズに結婚生活を送れるようにしておきましょう。

住居はどうすればいいのか

40代であれば賃貸ではなく自分の自宅を持っている場合、離婚後にそのままの住居で済んでいる場合があります。その場合はどうしたらよいのでしょうかという疑問がアドバイザーのもとに以外と多く相談があるようです。例えば相手が賃貸で自分が戸建に住んでいる場合は自分の家に来てもらったら問題はありませんが、自分も相手も戸建に住んでいる場合はどうしたら良いのでしょうか。誰も住まない家をそのまま持っておくのはもったいない気もするし税金もかかります。

かといって売るのも勿体ないといった場合は、賃貸で人に貸すことをお勧めします。賃貸で人に貸すことによって定期的な収入がありますし、自宅も痛みません。また、離婚を経験して元夫、元妻名義になっている自宅に住んでいる場合は相手の自宅に住むのか、もしくは他に賃貸を借りることをお勧めします。

名義が違う場合に一緒に住んでいると住宅ローンや税金などを一部負担しなくてはいけない場合がありますし、元夫、元妻からしても良い印象はないですので、トラブル防止のためにそういったことはしないようにしておきましょう。

私自信は30代同士で結婚をしており、割とスムーズに結婚をすることができましたが、仲の良いアドバイザーの方に話を聞くと20代よりも30代、30代よりも40代になると結婚時のトラブル、結婚後のトラブルが多いようです。おもしろいのが逆に50代、60代になるとトラブルはほとんどないようです。

これはどういうことかはわかりませんが、そういう結果になっているようです。40代の方は特に気を付けておきましょう。籍を入れてからこうじゃなかった、理想と全然違うなどといった思いにならないようにしておくことが大切です。そのようなことがありますと後々引きずってしまい結婚生活に支障が出る可能性もありますので、十分注意しておきましょう。

サブコンテンツ