40代に最適な結婚相手は?年齢別考察と、年の差婚の実例

40代にはどのような年齢の方が適しているのでしょうか。それぞれの年齢のパターンをご紹介していきます。特に相手の年齢にこだわりを持っていない方は是非参考にしてください。

20代

20代と40代に夫婦は時々見かけます。しかし、それはほとんどの場合女性が若くて男性が40代といった場合です。稀に男性が若くて女性の方が年上という場合もありますが、非常に稀ですね。20代の男性はまだ社会経験も少なく収入的にいっても安定していない場合が多いです、金銭的に負担をしないといけないかもしれません。

しかし、自分に持っていない若さをもっているので、気力や体力がありますし、そういった部分では魅力的に見えるかもしれません。しかし、20歳という年の差を埋めるのは非常に困難なことだと言えます。過ごしてきた年代も違いますし、それに伴って価値観も違うかもしれません。付き合っている友人も違うと思います。

そんな中で自分が相手の年代に合わしていくのか、反対に相手が自分の年代に合わしていくのか、どちらにせよかなりの労力を必要とします。また、相手は子供が十分作ることができる年齢ですので、その部分もきちんと話合わないといけません。いくら相手が子供がほしいからといっても自分がそれを望めない年齢であれば、きちんと伝えるべきかと思います。それで相手が離れるようであれば仕方がないと割り切ることも大切になってきます。

また、自分に子供がいる場合は若い世代ですので、父親というよりも友人のような関係になる可能性があることも十分に理解しておきましょう。特に自分の子供の年齢が高い場合は注意が必要です。

30代

30代はまだ年齢的にも近くて、40代と30代の結婚は十分に考えられます。社会的な経験も積んで人によっては管理者的な安定した立場についており、それに伴って収入も安定している時期に入ります。また、自分よりも若干若いので体力的にも余裕があります。生きてきた年代も近いものがありますので価値観も合うことが多いようですし、流行りものの話しなどで距離も縮めやすいかと思われます。また、統計に見てみると女性が年上の家庭の方が夫婦仲が良いことも分かっていますので、家庭内のバランスが取れてよいかもしれません。

50代

50代は肉体的には40代と比べてかなり落ちてきますので、もしあなたが子どもがほしい場合はきちんと考えなくてはいけません。相手に作る気力があるのかなどもそうですし、もし子供が生まれたとしても子どもが20歳になるころには70歳です。そういったことも含めて考えておく必要あります。もちろんそれでも良いという方もいらっしゃると思いますので相手にきちんと確認しておきましょう。仕事的にももう少しで退職ですし、老後のことも明確にできる年齢ですので、金銭的には余裕が出てくるかと思います。穏やかに2人だけで過ごしたい場合にはお勧めの年齢です。

60代

60代と結婚を考えている方はしっかりと考えてから結婚しなければなりません。自分が50歳になれば相手は70歳、男性であれば約10年、女性であれば約13年ほどで平均寿命を迎えてしまうことも把握しておきましょう。介護が必要になる可能性もあります。しかし、精神的には非常に余裕の出てきている年齢ですので、精神的な満足感は他の年代と比べても良いかと思います。子供を作るのは難しいと考えておきたい年齢です。

同年代

やはりお勧めなのは同年代の相手です。同年代であれば生きてきた年代が同じですので、話も合いやすいかと思いますし、もし子供がいた場合にはその子供のお父さんに違和感なくなれる年齢です。子供を作ろうと思えば作れる年代ですので、子どもがほしいと思う方にはおすすめの年齢ではないでしょうか?30代や50代じゃないと嫌だという人は同年代から探してみることをお勧めします。

私自信は同年代をお勧めしますが、私の周りには年代が違う人と結婚した人もいらっしゃいます。

40代の方が60代と結婚した例

Aさんは44歳の女性ですが、結婚相談所を利用して61歳の男性の方と結婚しました。今でも非常に幸せに過ごしているそうです。Aさんにどの部分が良いのかと聞くと、自分のわがままを聞いてくれるし、とても大切にしてくれるからと言っていました。お互い子どもはいらない方針ですし、2人で仲良くできればそれはそれで良いとのことでした。

印象に残っているのはAさんが「夫が亡くなっても、また結婚相談所を利用するわ」と言っていたことです。Aさんが61歳の夫を愛しているのは間違いありませんが、そのようなことを言っていたのには驚きました。(本心かどうかはわかりませんが)これぐらい割り切った関係でいることも仲良くするためには必要なのかもしれませんね。

40代の方が20代と結婚した例

私が通っていた結婚相談所ではそのような例は1例しかなかったそうです。たまたま食事会でその人と話をすることができました。Bさんは当時44歳、夫は28歳でした。Bさんには子どもがおらず、夫には3人の子供がいました。夫が前の妻と別れた理由は死別であったと聞いています。

夫の望みとしては3人の子供をしっかりと育ててくれる人が理想だったそうです。Aさんは最初夫に死別をして苦労している夫に同情するように接していましたが、Aさんはその頑張っている姿に徐々に惹かれていったそうです。夫も優しいAさんに惹かれたそうですが、初婚のAさんに3人の子供の世話をさせるのは申し訳ないと思っておりなかなか進展はしなかったそうです。

Aさんの私の年齢で結婚をしたら夫がもったいないという気持ちと、子どもを3人も世話させれないという気持ち、お互いに申し訳ないという気持ちがありました。お互いがお互いのことを思いやった気持ちはあったようです。ある日、そういった気持ちをお互いにさらけ出してしっかりと話合った結果一緒になってもうまくやっていけそうだとなって結婚に踏み切ったと言われています。

このように同年代でなくてもうまくやっていけることはあります。しかし、これは一例であり、やはり上手くいっている、結婚が成立しやすいのは年齢は同年代の年齢と統計が出ています。

サブコンテンツ