40代&離婚歴のある方へ!結婚相談所を始める前の準備ポイント

結婚相談所を使いたいと思っている方にとって、どういった準備をしていいのかわからない、どのようなことをしたら良いのか、どういった点に注意しておけば良いのかなど様々な疑問があるかと思われます。ここではそういった形に対して結婚相談所を使う前に知っておきたい準備をご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。また、40代ならではの準備しておきたいポイントもご紹介していきますので40代の方は参考にしてみてください。

資金を用意しておきましょう

結婚相談所にはある程度の資金が必要です、ほとんどの所で入会金年会費、イベント参加費、成婚料等が必要になってきます。成婚料は結婚したときに必要なものですので置いておく必要がありますし、イベント参加費はイベントに参加するたびに必要になってきますので、結婚相談所利用するという事はある程度の金額が必要になるということです。

料金については入会時にしっかりと話を聞き理解しておく必要があります。入会時に料金体系が不透明なところや、イベント参加費が非常に高いところなどは続けていくときに負担になりかねませんので避けておきましょう

40代の方を対象にしている結婚相談所では、若い方を対象にしている結婚相談所と比べて料金が高い系傾向にあります。これは、40代の方の方が結婚するにあたって結婚相談所の方が様々な配慮をしておかなければいけないと言うことから料金体系は高めに設定しているところが多いといわれています。

身なりを整えておきましょう

外見は結婚相談所を利用する際に重要な要素になってきます。若い時であれば、そこまで外見をメンテナンスしなくても若さで綺麗さを保てることができましたが、40代になると手入れをしていないと年齢がそのまま外見に出てしまいます。ポイントとしては清潔感を持つと言う事です。

清潔感がないといくら外見をよくしたとしても、異性からはよく見えませんし、必ず清潔感を意識して整えていくようにしましょう。清潔感を出すポイントとしては、ぼさぼさの髪の毛はきちんと手入れしておく、茶髪よりも黒髪の方が若く見えますのでお勧めです。服や鞄など使い古された感じであれば新しいものを用意しておくなどといったことに注意しておきましょう。古くなったものはなるべく使わないことをお勧めします。

親や子供との関係

親が介護が必要になってきている、子どもの世話がまだ必要であるなどといった場合はきちんと整理してからにしておくことをお勧めします。例えば親が介護が必要な場合は介護サービスなどを使って自分の時間を確保しておくことも大切ですし、子どもがまだ小さいなど手がかかる場合はどこか預けれる場所を確保しておくことも大切です。

結婚相談所は相手のいることですので、相手の都合に合わす必要も出てきます。そんな中で親の面倒を見ないといけなかったり、子どもの世話をしなくてはいけないなどの状況ですと言い相手ができても結婚に結びつくことは難しくなります。また、子どもの問題は30代の方が多く40代になりますと親の問題が増えてくることも特徴であるといえます。私の友人であるAさんは24時間親の介護をしており、それこそひと時も目を離せない状態であり、恋人とデートをする時間もなかったと言っていました。精神的にも余裕を持たせるためにもそういったことはしっかりと整備してから結婚相談所を利用するようにしましょう。結婚相談所を利用しても時間がとれずに結局満足に行けなかったということは避けるようにしましょう。

離婚をしているなら元妻や夫との関係を整理しておく

結婚相談所を利用している世代で特に40代の方は離婚を経験している人が多いと言われています。離婚を経験している方は養育費や慰謝料などを払っている、受けている場合があります。こういったこともきちんと考えてから結婚相談所に通う必要があります。

慰謝料や養育費を受けている場合

離婚を経験しており慰謝料や養育費を受けている場合は、結婚することによってそれがどういう扱いになるのか知っておく必要があります。基本的に離婚をした際に裁判などで慰謝料や養育費を決めている場合は結婚後それがどうなるかも決めているはずですので、書類を確認するのか、弁護士などに問い合わせてみましょう。もし、結婚をすることによって慰謝料、養育費が少なくなる、無くなる場合は自分の収入も減ってしまう、なくなってしまうなどの場合はそういったことも心構えておきましょう。もし収入が激減してしまうなどの場合は新たに結婚を考えている方にあらかじめ伝えておくことも必要です。(ストレートに伝えると相手が引いてしまう可能性もありますので、良い方は工夫しましょう。)

慰謝料や養育費を払っている場合

離婚して慰謝料や養育費を払っている場合はほとんどの場合自分が結婚をしても払い続けなければいけません、しかし、交渉の余地はあるかと思いますので、もし支払がしんどくなっている場合は支払っている相手に相談を持ちかけても良いかと思います。慰謝料や養育費はいわば借金と同じです。新たに結婚を予定している相手には必ず伝えるようにしましょう。伝えておきませんと後々トラブルになる可能性もありますので、注意しておきましょう。

私の知り合いのBさんはとても気にいった相手がおり、婚約を一歩手前まで行きましたが、相手が養育費を払い続けないといけないと伝えられました。その額が毎月かなりの額で相手は上場企業に勤める高収入の方でしたが、ほとんどが養育費と慰謝料で持って行かれるため結婚を断念したと言われていました。そういったことにならないように自分が言うのももちろんですが、相手にもきちんと聞くことが大切です。なかなか聞きにくい部分はあるかと思いますが、しっかり把握していることが今後の結婚生活を維持させるためには大切なことだと言えます。

このように結婚相談所を利用する事前準備、特に40代の方には気を付けてほしいポイントもあげましたので、これから結婚相談所を利用予定の40代の方はこういったポイントに気を付けながら事前準備をしておくことが大切になってきます。

サブコンテンツ